「パンツ一丁」で1年以上過ごした『娘』??

スポンサーリンク

「パンツ一丁」の娘!

 

ちょうど1年くらい前のことです。

 

 

 

娘が服を着ない時期がありました。

 

 

 

本当にパンツ一丁なのです。

 

 

 

「まあ、そのうち着るだろう」と思っていたのですが、春が過ぎ、夏が過ぎ、肌寒くなっても娘は裸のままでした。

 

 

 

冬はパンツ一丁でコタツにもぐって過ごしていました。

 

 

 

先生もビックリ!!

 

そして春が来て、娘は幼稚園児になりました。

 

 

 

外出時は服を着るので、幼稚園はちゃんと服を着て通っていました。

 

 

 

家庭訪問の際、先生はびっくりされていました。

 

 

 

パンツ一丁の娘が出迎えたのですから。

 

 

 

先生から「必ず家でも着せてください」とかなり厳しく言われました。

 

 

 

気楽に考えていたのを、方向転換せざるおえませんでした。

 

 

 

心を鬼にして

 

主人ともその晩に話し、「もう幼稚園に通っているんだ。心を鬼にして取り組もう」ということになりました。

 

 

 

娘は幼稚園から帰ると、まず玄関でパンツ一丁になります。

 

 

 

そんな娘を服を持って追い回しました。

 

 

 

「お母さんも着てるよ~。一緒に着よう」と誘ったこともありました。

 

 

 

「服を着なさい!」と怒鳴って泣かせたこともありました。

 

 

 

かわいい部屋着も買いました。

 

 

 

しかし、娘は裸のまま夏休みを迎えました。

 

 

 

暑いので私もやる気を失い、娘はパンツ一丁で過ごしました。

 

 

 

大進歩!?

 

私も主人も諦めかけていたころ転機が訪れました。

 

 

 

娘に強烈に好きなTシャツができました。

 

 

 

本当に大好きで、毎日毎日それを着たがりました。

 

 

 

当然洗濯は間に合いません。

 

 

 

そこで娘に提案しみました。

 

 

 

「お母さんが、幼稚園に行っている間にお洗濯するから、帰ってきたら着るのはどう?そうすれば毎日着られるよ」

 

 

 

娘はあっさりと提案を受け入れてくれました。

 

 

 

下半身はパンツのままですが、上半身はTシャツを着るようになりました。

 

 

 

大進歩です!

 

 

 

Tシャツと同じように、お気に入りのズボンを部屋着に回しました。

 

 

 

毎日同じコーディネートですが、娘は服を着るようになりました。

 

 

 

気付き

 

年月がたち、娘は少しずつお姉さんになり、今ではこちらの用意した数パターンの部屋着を着てくれるようになりました。

 

 

 

裸の時期はどうしたものかと思い悩みましたが、何とか解決しました。

 

 

 

もしかしたら、こちらが何かしなくても時間が解決してくれたかもしれません。

 

 

 

私自身も幼稚園の先生に言われ、焦っていたのは正直あります。

 

 

 

今となっては「1年以上パンツ一丁で過ごした娘」は笑い話ですが、当時は怒って泣かせてしまったりして、かわいそうなことをしたなと思っています。

 

 

 

誰かに迷惑をかけることでなければ、必死になりすぎず、少々大目に見てもよいのではないかということを学びました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

国内・海外土産通販サイトのギフトランド