「見守る」「SOSを見逃さない」「助ける」子供の成長は親次第

スポンサーリンク

子育ての悩み ネットで検索しても…

 

子育ての悩みはつきませんね。

 

 

 

正解などありませんからね。

 

 

 

インターネットで子育てで悩んだ時に検索しても、答えが出るわけではありません。

 

 

 

例えば魔の2歳で悩んだときにネットで検索すると、たくさん出てきますが、どれもこれもそんなことは分かってる、だからどうすればいいの?というマニュアルばかりで読む気になれません。

 

 

 

子どもといっても1人1人違いますし、子育ての環境や置かれている状況など違いますね。

 

 

 

きれいごとで書いても、伝わらないと思いますし、マニュアル化された文章なんて、つまらないだけです。

 

 

 

子育ては「見守る」

 

子育てをしていると、常に何かに悩んでいる気がします。

 

 

 

幼稚園をやっと卒園したと思っても、小学生になってもいろいろ問題は出てきます。

 

 

 

もう、ママ抜きでやっていかなきゃならない部分も出てくるので、ある程度は見守るように、心掛けていく必要があるかと思います。

 

 

 

この「見守る」というのが、簡単そうで難しいんです。

 

 

 

つい、口出ししたくなります。

 

 

 

心配になります。

 

 

 

助けたくなります。

 

 

 

この気持ちをぐっと堪えて見守るのです。

 

 

 

ここは成長のときだ。と信じて。

 

 

 

やはり、子どもの問題に親が入っても解決できません。

 

 

 

時には「助ける」

 

しかし、時には助ける必要があります。

 

 

 

例えば学校の友達などで、すごく悩んでどうしようもなくなったら、転校だっていいと思います。

 

 

 

無理に、そこにいる必要はありません。

 

 

 

環境を変えて、一からまたやり直せばいいだけです。

 

 

 

逃げでも、何でもありません。

 

 

 

その子が、明るく前向きになるのであればいいと思うのです。

 

 

 

心の成長、安定が子どもには、絶対必要だと思います。

 

 

 

「SOS」を見逃さない

 

こうしたことから、子どもからのSOSを見逃さないように、しっかり見守る必要があります。

 

 

 

ちょっとしたしぐさ、表情で親は分かるものですから。

 

 

 

見守られてる安心感。

 

 

 

何かあったときに、ママとパパが居るといるんだ。という自信。

 

 

 

これは普段の生活から、自然と得ていくものなのです。

 

 

 

信頼、絆があれば、子どもはオドオドせず、自信を持って何事にも取り組めると思います。

 

 

 

成長とともに、自己主張も出てきます。

 

 

 

親次第

 

2歳くらいから、自我の芽生えが出てきますが、ずっとあります。

 

 

 

その都度、解決していきましょう。

 

 

 

ゆっくりでもいい。

 

 

 

絶対その子にあった解決策があるはずです。

 

 

 

人と比べることはせず、良いところを、たくさん見つけてあげたいですね。

 

 

 

何か自信に繋げられるようなことがあれば、それが一生の宝になるかもしれません。

 

 

 

親次第で、その後の人生も大きく変わってくるでしょう。

 

 

 

親にとっても、あのときがあったから今があるんだ。と素直に思えたとき、悩みも解決できますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

国内・海外土産通販サイトのギフトランド