思い切って断乳! 夫婦で乗り越えた苦しい3日間!!

スポンサーリンク

「授乳」

 

新生児の頃は、おっぱいをあげて、オムツを替えてと、自分の体調も良くない中、それだけでぐったりです。

 

 

 

でも、はじめて育児をしていた私は、こんなのは初めの数ヶ月だけ、と覚悟して頑張れていました。

 

 

 

仕事復帰は、出産後2ヶ月目から予定していたので、少しずつ夜も眠ってくれるだろうと、のんきに思っていたのです。

 

 

 

しかし、仕事復帰してからも、全然寝てくれません。

 

 

 

結局1歳の誕生日を迎えるまで、2~3時間おきに起きて、授乳という日々を過ごす事となってしまいました。

 

 

 

「断乳」

 

そんなある日、支援センターに遊びに行くと、そこにいたママ達と、断乳の話になりました。

 

 

 

上に兄弟がいるママによると、夜中起きる子は、完母でおっぱいを欲しがって起きるとのこと。

 

 

 

たしかにウチの子供も、おっぱいをもらうと、すぐに寝てしまいます。

 

 

 

でも、夜だけ授乳している場合は、断乳は2~3日ギャン泣きで我慢してもらえば成功するとの事で、まさにウチの状況とピッタリで、これで解決するかもと思う反面、今までこんなに大変な思いをしてきたのに、そんな事で朝まで寝るなんて信じられませんでした。

 

 

 

その時、大切な事は、覚悟を決めたら、ギャン泣きされてもおっぱいを絶対にあげないことでした。

 

 

 

実際、私も断乳中は、泣いているのにごめんねと、心折れそうになりました。

 

 

 

そして…

 

そして、子供が1歳の誕生日を迎えて、私も断乳を決意する時がやってきました。

 

 

 

ウチの場合は、旦那さんにも協力が必要だった為、長期休暇中に実行しました。

 

 

 

やはり泣いた時に私が抱っこしても、ママ=おっぱいとなるので、旦那さんに断乳中は、お世話を頑張ってもらうしかありませんでした。

 

 

 

今まで夜起きなかった旦那さんも、その日からは泣き声で、しっかり起きてあやしてくれました。

 

 

 

不思議な事に、旦那さんが抱っこすると、おっぱいがないのかという感じで、割りとすぐ眠ってしまいました。

 

 

 

断乳後

 

私の時と全然違うと驚きましたが、2~3日は起きる感覚も短く、泣くたびに私も悲しくなり、とても辛い思いもしました。

 

 

 

ですが噂通り、3日を過ぎると、生まれてはじめて朝まで寝ていて、思わず呼吸しているか確認してしまいました。

 

 

 

断乳後は、朝まで寝てくれるのはもちろん、離乳食の食べ方も良くなり、以前は結構ムラがあったのが、毎食しっかり食べてくれるようになりました。

 

 

 

はじめのうちは、自然に卒中も考えていたのですが、私の体力面やよく食べる子供の様子をみると、思いきって断乳して良かったと本当に思います。

 

 

 

もうすぐ2歳を迎える今でも、夜泣きすることもなく、ぐっすり眠りぐんぐん食べて、大きく成長しています。

 

 

 

 

スポンサーリンク